皮脂が分泌する原因

皮脂が分泌する原因

何が原因で皮脂が分泌されすぎてしまうのかについてですが、皮脂の分泌量が増えてしまう原因というのはいくつも考えられます。

 

まず冬になると肌が乾燥しやすいのですが、個の乾燥も皮脂が分泌されやすくなる原因になっているのです。

 

乾燥してしまうと、肌に含まれている水分が蒸発されやすくなります。これによって、肌の保護バリアが薄くなり、肌が紫外線などによって刺激を受けやすくなってしまいます。すると、体が肌を守るために、皮脂を活発に分泌するようになってしまうのです。

 

乾燥しやすい季節になると、化粧が崩れてしまいやすくなったりするのですが、逆に気温が高くなる夏場も、汗と一緒に皮脂が分泌されやすくなって、化粧が崩れやすくなります。

 

次に、女性の場合はホルモンバランスが乱れることで、皮脂が分泌されやすくなったりします。

 

女性というのは生理前後になると、プロゲステロンとエストロゲンの分泌に変化が現れます。生理前になると、プロゲステロンといわれる男性ホルモンが分泌されやすくなり、肌が脂っぽくなってしまうのですが、これは皮脂が過剰に分泌されることが原因になっています。

 

そのため、生理前になると、皮脂が分泌されやすくなってしまって、ニキビや吹き出物ができやすくなってしまうのです。

 

さらにすとれすも、ホルモンバランスを乱しやすくなっており、このストレスによって皮脂が分泌されやすくなってしまうというケースもあります。ストレスを感じるようになると、男性ホルモンが活発に分泌されるようになり、その影響によって皮脂も分泌されていきます。

 

それに、ストレスは体を緊張状態にして、毛細血管が縮小してしまいます。これによって、血行が悪くなってしまうことも、研究で明らかになっています。

 

このように、色々な原因で皮脂が分泌されやすくなってしまいますから、原因を解消して正常に皮脂が分泌されるようにしていかなくてはならないのです。